•  ʻIke maka i ka nani o uka Ka lehua i milia e ka ua noe (私が)目にした、あまりに美しい山手の風景。 (それは)レフアの花が、驟雨にやわらかく包まれる姿(でした)。 He welina na ke aloha e hoʻonipo nei E hōʻoni nei ia loko o ka puʻuwai (その様子は)まるで恋するひとが愛の仕草で語りかけるようにみえて、 こころのなかは、(喜びに満ちて)うちふるえている(に違いないと... 続きを読む
  •  やさしい風がふわっとただよってきて、 あっ!と気づいたのです。 (それはまさしく)私が大切にしているあのお花、 Paokalaniの丘に咲いているものでした。  さぁっと視界が開けたときの気分を思わせる、さわやかで清々しいメロディが印象的な『Ku'u Pua I Paoakalani』。タイトルにある「Paokalani」は、このmeleの作者、Lili'uokalani女王の私邸があった場所。そして、そこに育つ女王の大切な花(ku'u pua)のことが歌わ... 続きを読む
  •  Ni‘ihauといえば、(そこに暮らす)ネイティブたちで知られる島。 (彼らが)旅人をもてなす心意気といったら(すごいからね)。 (「おーい……」と呼び止める声がそのあかし) Kahelelaniのシェルレイよ。 (それはほかの)島々(で採れる貝)のなかでも、ナンバーワン(の美しさ)。 Kaulana Ni‘ihau i nā kupa ‘āina Nā pu‘uwai hāmama aloha malihini (E ō mai…) E ka lei pūpū o Kahelelani Helu... 続きを読む
  •  Kawaikapuokalani Frank Hewitt  雨が降ると、 ほうら天からlehuaが運ばれてくる。 (そうして)花は海にちらばって、 大海原を幸せに満ちてただようのです。 地上のあらゆる命の源である雨を、レフアの花にたとえ、そのありのままの姿を夢のような美しさで表現する『Kawailehua'a'alakahonua』。シンプルで起伏の少ないメロディの繰り返しが、豊かな水をたたえて悠々とひろがる大海原を思わせるとともに、太古の昔か... 続きを読む
  •  ハワイのネイティブといえば、 大地の理(ことわり)に従って生きてきたことで名高い。  (そこへ)腹黒い使者がやってくる。  略奪者の強欲さで記された要求書(をたずさえて)。  Kaulana nā pua aʻo Hawaiʻi  Kūpaʻa ma hope o ka ‘āina  Hiki mai ka ‘elele o ka loko ʻino  Palapala ʻānunu me ka pākaha  ハワイの波の音や風の気配みたいに、ふんわり包み込む素直なメロディがここちよい『Kaulana Nā Pua』。タイ... 続きを読む

隙間のりりー

フラダンサー&ミュージシャンを応援するハワイ語講師。
メレの世界を深く知るためのハワイ語を、わかりやすく解説します。