•  (私の)胸で(顔をうずめて)、うっとり解き放たれること。 鳥が花の蜜を求める(ような、その瞬間を夢見てる)。 Ma ka poli iho nō ʻo hoʻonanea E ake inu wai a ka manu うっとり夢見るようなメロディに、なにかに心奪われたそのひとの、幸せに満ちた気分がふんわりただよう『Hoʻonanea』。「(私の)胸で」(ma ka poli iho nō)というフレーズに、抱きしめたい誰かの記憶をたどっているような雰囲気がありますが、鳥... 続きを読む
  •  Ha'ikūは(いつみても)際だったすばらしさ。 緑深い峰々に抱かれるよう(にそこにある)。 Hanohano Ha'ikū ke 'ike aku H'ipoli 'ia e nā pali hāuliuli 晴れやかなメロディラインやコーラスの美しさが、故郷を誇らしく思う気持ちそのもののようにこころに響く『Hanohano Ha'ikū』。「Hanohano」(すばらしい)とその際だった美しさが強調される Ha'ikūは、Oʻahu島の東側、Kāneʻohe、He'eiaと続く地域を見下ろす峰、Keahia... 続きを読む
  •   きみが笑顔でいる(のをみてると)、 あ~うれしいんだなぁって思う。 いつものことなんだけどね、 きみとぼくにとっては。 Henehene kou 'aka Kou le'ale'a paha He mea ma'a mau ia For you and I  軽快に刻まれるウクレレの音色にのせて、ある日の気分が鼻歌みたいに歌われたような感じのある『Henehene Kou 'Aka』。印象的な「he mea ma'a mau ia」(いつものことなんだけどね)というフレーズからも、なんてこと... 続きを読む
  •  太陽が一番にのぼる東のKumukahi。 闇に包まれたPunaが目覚めるそのときに、 火の女神Peleが住まうこの大地が、 Lehuaとともに美しく生い茂る(光景を思いながら)、 ふとわき上がってきたのです。 このPunaへの愛を伝える歌が……。 Hikina a ka lā ma Kumukahi Ke ala ka pawa i Puna, e Ka home o ka wahine Pele Uluwehi me ka lehua, e He manaʻo haliʻaliʻa, he mele aloha, e Punaの地に... 続きを読む
  •  ここちよい水辺、Waiauこそ(わが)思いを寄せる場所。 山深きところにある、すばらしき湖。 そう、あなたはWākeaに由来する山にあって、 聖なる(空気に)包まれ、その高みにある。 Waiauに声を届けよう。 そこには驚くべき水辺がひろがり、 (ネイティブの)こころで満たされているのです。 He aloha Waiau e ka wai ʻolu ē Ka wai kamahaʻo lā i ka mauna ē I ka mauna ʻoe a Wākea ē Kehakeha lā i luna i ke kapu... 続きを読む

隙間のりりー

フラダンサー&ミュージシャンを応援するハワイ語講師。
メレの世界を深く知るためのハワイ語を、わかりやすく解説します。