He Lei Makana

He Lei Makana 







 (ある日)はてしなく広がる天空の中心のようなあの場所、
 その雲の切れ目から、太陽の光が降り注ぐのが見えて、
 そこに、人知を越えた特別な力が、
 まっすぐ、しっかりと立ち上がっているように感じたのです。
 そう、Alohaのともしびは、女神のまなざし(のようなその)なかにあると……。

 I laila i ka maka o ka lani nui a mamao
 wehe ke ao `o*pua ho`opuka ana ka la*
 He mana ko loko ku* kamaehu i ka pono
 Ka lama o ke aloha i ka maka o ka wahine

 雲の切れ目からふり注ぐ太陽(ka la*)と、突如そこに現れた輝く雲(ka ao 'opua)。その神々しい情景を目の当たりにして、そこになにか人知を超える力(he mana)が立ち上がってくるのを感じて圧倒された……みたいな、そんな一瞬の出来事が、限られたことばで表現されているように思われる『He Lei Makana』。その雲の切れ目は、「ka wahine」(女性)の「maka」(目)にたとえられていますが、「mana」が立ち上がってくるように感じた場所ですから、それはたとえば、この世界を生み出した母でもあるような、とてつもなく大きな存在を感じて選ばれたことばではないかと思われます。そう、alohaの現れであると同時に、畏れの対象でもあるような……。

 こうして、新たに現れた美しい日の光がつぼみたちに降り注ぐ。
 そうして美しい花々は、またたくまに生き生きと繁茂し、大地を美しく飾るのです。

 He la* hou u`i no na* pua liko
 He wehi o ka `a*ina i ulu ehuehu

 ここでは、新たにふりそそぐ日の光(he la* hou)が命の源であることや、そうして大地の美しさが守り育まれるさまが描写されているようです。あたりまえといえばそれまでですが、さりげなく添えられた「hou」(再び、新たに)ということばが、あんがい重要ではないかと思ったりします。そう、太陽は、今日も明日も、惜しみなく大地を照らしてくれる-そうやってなんでもない日常が繰り返されることこそが、実は一番ありがたい(有り難い)ことなのかもしれません。

 砂浜に座って(ながめて)いると、思いが正しさに満ちていくように感じる。
 こうして(進むべき)道は、alohaとともに正しく示されるのです。

 Noho ana i ke one piha pono ka mana`o
 Ho*`ike `ia ke ala pono me ke aloha

 このフレーズについては、、歌の最初に登場した「ao 'o*pua」(輝く雲)の「ao」(明るさ、日に照らされていること)に、「enlightment」(啓蒙する、理解する)という意味があることを思い起こすべきかもしれません*。作者が受けた啓示はなんだったのかについては、ことば以上のことはわかりませんが、「思いが正しさで満ちてくる(piha pono ka mana’o)」というフレーズには、急に光が差し込んで世界が正しくみえはじめたときの感動が込められているように感じます。そう、大切なことはこれなんだ……と、思いを新たにするような稀有なできごとが、空を見上げる作者のなかで起こったに違いありません。

 (これは)あなたの名前に捧げるもの、そう、香り立つ誇り高きバラの花への応答として歌ったものです。
 あなたのために(思いを)つなげた、leiの贈り物として……。

 E o* mai kou inoa ka pua loke hano `a`ala
 He lei makana ke*ia kui`ia no `oe

 歌詞だけからは判然としませんが、作者にインスピレーションを与え、「ka wahine」と呼ばれてもいる対象は、もしかすると、女神といった近づきがたい存在ではなく、もっと身近にいる女性だったりするのかもしれません。もっとも、対象が実在するかどうかは、歌の意味内容の深さにはあまり関係がないのかもしれないと思ったりもします。そう、いつしかひとびとに共有されるようになった神話も、そのはじまりのところでは、驚きや喜びに心動かされた、きわめて個的な体験だったはずだから……。そんなことを考えながら、私たちの日常のそこかしこにも、神的なものがやどる瞬間があるのかもしれない……なんてことを思うに至った、そんな『He Lei Makana』なのでした。

composed by Sean & Kau'i Na'auao

*:「na'aupo*」(賢くない)の文字通りの意味は「na’au」(腸、こころ)が暗い(po*)、「na'auao」(賢い)は「na’au」が明るい(ao)。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

隙間のりりー

フラダンサー&ミュージシャンを応援するハワイ語講師。
メレの世界を深く知るためのハワイ語を、わかりやすく解説します。