Ka Pua U'i

Ka Pua U'i




Israel Kamakawiwo'ole


 あなたのこと、ホントに大切に思ってるの。
 真珠のような宝物、ずっと触れていたいと思ういとしい存在……。
 (だって)子どもたちのなかでも一番大事なんだもの。
 それで(じいちゃん、ばあちゃんも)かわいがっちゃうのよね。

 Aloha wau ia* ‘oe ku’uipo
 Ku’u lei momi ku’u milimili
 ‘O ka heke ‘oe ona pua
 A ke kupuna a’e hi’i poi nei

 「あなたのこと愛してるわ」(aloha wau ia* 'oe)と、いきなり直球な感じで思いが表現される『Ka Pua U'i』。Bina Mossman(1893-1990)が自分の孫娘のために作った歌だといいますが、もう目の前にいる孫のことがかわいくて仕方ないといった感じで、彼女をほめたたえることばが連なっています。そう、「lei momi」(真珠のレイ)のように光り輝く君だもの、いつだって触れていたいじゃない……日本語でも子どものことを「玉のような」なんて表現することがありますが、真珠のように丸くつやつやした頬なんかに指でそっと触れてみたり、抱っこしながらからだをさすってみたり、なんて光景が目に浮かぶようですね*。

 もう見てるだけでうれしくなっちゃう。
 そのみずみずしいちっちゃなおめめとか。
 こころのなかでいつもぎゅっと抱きしめてるって感じかしら。
 きわだってかわいいレイが、(いつも)お父さん、お母さんにまとわりついてるみたいな、そんな感じよね。

 大事なあなたのために、この歌を捧げるわ。
 すばらしい、特別なあなたへ……。
 もう、いつみてもかわいらしいったらありゃしない。
 まさに天から授かった宝だわ。

 Hau’oli ka mana’o ke ‘ike aku
 Kou maka palupalu e ke aloha
 He aloha i pili ‘ia ika pu’uwai
 A he lei hi’ehi’e na ka makua

 Puana ka inoa o ku’uipo
 Ku’u lei nani lei makamae
 He nohea ‘oe i ku’u maka
 E ka pua u’i ‘oe o na* lani

 もう、なんというか、子どものかわいらしさに理屈はいらないって感じでしょうか。ハワイ語の世界では、大切なひとがレイにたとえられることがよくありますが、ここでは、抱っこされている子どもが、お父さん、お母さんの首に両腕をからませている様子が、ちょうどレイをかけているようにもみえるなぁ、なんてことを想像しながら訳してみました。
 泣いても笑っても、なぜかそこにいるだけで笑顔あふれる空気が充満する……子どもには、そんな不思議な力が備わっているところがあります。子どもを中心に営まれる、幸せな家族の日常が目に浮かぶ『Ka Pua U'i』。『Ku’u Home Aloha』**で紹介したように、ミュージシャンとして終生活躍したBina Mossmanは、第二次世界大戦のころはハワイ議会の代議士でもあったひとでした。政治の世界で彼女がどんな立場で活動したのかはわかりませんが、少なくとも彼女が守りたかったものは、彼女が歌に描いたような、素朴で温かい日々の生活だったのではないかと想像しています。

by Bina Mossman

*:「愛する」「大切にする」といった意味のある「milimili」ですが、どちらかというと直接ふれあいのある関係に用いられることばで、たとえば人間同士だけでなく、ペットをかわいがったり、おもちゃを大切にしたりといった意味も含まれます。
**:http://hiroesogo.blog.fc2.com/blog-entry-223.html
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

隙間のりりー

フラダンサー&ミュージシャンを応援するハワイ語講師。
メレの世界を深く知るためのハワイ語を、わかりやすく解説します。