Noho Paipai

Noho Paipai






https://www.youtube.com/watch?v=6tuzDSNOO6E


 なんだかひとり、さびしいなぁって感じでまるくなってたんだ。
 そう、かわい子ちゃんのイメージを思い浮かべながら。

 Pupue iho au i mehana
 Hone ana o uese i ku‘u poli

 (朝)、起きるときには、(頭のなかを)こんなことばがこだましてたよ。
 「いとしいひとはいまどこに?」ってね。

 Me he ala no* e ‘i* mai ana
 ‘Auhea ku’u lei rose lani?

 ベッドのなかで丸くなって(pupue iho)、なんか物足りないよなぁって感じでひとり眠れぬ夜をもてあましている……みたいな、ちょっとなさけない誰かの姿が目に浮かぶ『Noho Paipai』。ひとり寝の孤独なこころを温めてくれる(mehana)であろうまだ見ぬひとを、あれこれと思いめぐらせていたのでしょうか。夜が明けるころにはすっかりひと恋しくて、「いったい恋人って、どこに行ったら見つかるんだろ?」(‘auhea ku’u lei rose lani?)みたいなむなしい問いかけが、頭のなかをぐるぐる回っていたようです。
そんな、なんとも満たされない思いの行方は、次のバース以降、さらにユーモラスに語られていきます。

 きみもぼくも知らないもの同士
 だけど、こうやってキスなんかしちゃったら、もう知り合い同然だよね

 Malihini ‘oe, malihini au
 Ma ka ihu ka*ua kama‘a*ina

 そう、どんなカップルだって、最初はまったく知らないもの同士。それがひょんなことから、あるいはえいや!って感じで急接近。そうして頬を近づけるくらいの仲になったら(ma ka ihu ka*ua)、めでたく「お知り合い」(kama‘a*ina)なわけですが、現実には、そんなにうまくことが運ぶことはないようでして……。

 きみがもし、ぼくと一緒にいたら、
 しっかりロッキングチェアーでゆらゆらするんだけどな……。

 Ina* ‘o you me a’u
 Kau pono i ka noho paipai

 「二人でいたら」という願いはともかく、いきなりロッキングチェアー(noho paipai)にきちんと座りたい(kau pono)なんて、どういうこと(!?)って感じのこのバース。ですがここでは、ハワイ語の世界でゆらりゆらりを繰り返す動作が、愛し合う二人の愛の営みだったりすることを考え合わせる必要がありそうです。そう、この唐突な表現は、だれかの妄想がいよいよクライマックスに差し掛かっていることを物語るものなんですね。でも、まぁ思い通りにいかないのが世の常でして……。このバースの後半が、「誰かがぼくのロッキングチェアーに座ってる!」と歌われたりすることからも、そのあたりの事情をうかがうことができそうです。

 なんだかパッとしないぼくの気分をわかってくれた?
 そう、ずっとかわい子ちゃんのイメージを思い浮かべてるんだ。

 Ha’ina ‘ia mai ka puana
 Hone ana o uese i ku’u poli
 
 いつかやってくる至福のときを夢見て、ひとりさびしい夜をやり過ごしている……そんな歌詞の内容をたどるにつけ、この歌の駆け抜けるような勢いと軽やかさが、なんだか場違いに思えるところもあります。それでも、『他人の不幸は~』的な屈折したものよりも、なぜか恋愛ベタな誰かさんへの応援歌のようなまなざしを感じてしまう、底抜けの明るさにみちた『Noho Paipai』なのでした。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

隙間のりりー

フラダンサー&ミュージシャンを応援するハワイ語講師。
メレの世界を深く知るためのハワイ語を、わかりやすく解説します。