Rose Onaona

Rose Onaona






『Rose Onaoan』にも出てくるハワイ語を解説したミニ講座です。あわせてご覧ください。





 かぐわしいバラのような君に、(今日こそ)思いを伝えようと思う。
 山並みを飾るステキな雲のレイにも匹敵する(あなたは)、
 この土地にはぐくまれた美しさで、ぼくがお守りしたいと思うひと。
 (つまり、きみを)選んだんだ、なにより大切なパートナーとして……。

 ‘Auhea ‘oe e ka rose onaona
 Onaona lei i sa ‘ohu kuahiwi
 ‘O*iwi nani ku‘u rose ku‘u lani
 He lani nui ‘oe na‘u e ku‘u ipo

 ‘Ea la*. ‘ea la*, ‘ea la* e*

 ことばを大切にかみしめながら語りかける雰囲気に、なんとか思いを伝えようとするひとの、ふつふつとわき上がってくる決意のようなものを感じる『Rose Onaona』。この緊張感を表現したくて「‘auhea ‘oe」(聞いてください、listen)*に「今日こそ」と付け加えてみましたが、なんといっても、作者の思いの強さが凝縮されているのが「na‘u」のひとこと。「Na‘u」には「ka‘u」(私の、私のもの)であることを強く主張するニュアンスがあり、「na‘u ke kope」(コーヒーをください)みたいな使い方もあるからです。ということは……そう、ここではプロポーズのことばということになりそうですね。

 その花の香りはやわらかな霧雨に包まれて、
 アープアケア(に満たされた風景のように)こちらに迫ってくる。
 (そんな気分とともに、特別な)気持ちがわき上がってきたんだ。
 あなたしかいないという、ゆるぎない思いが……。

 Ho‘oipo e* ke ‘ala me ka ua noe
 Noenoe mai i ka ‘A*puakea
 Pua a‘e ka mana‘o my beloved
 Ua lawa ku‘u lei, he wehi no* ia

 ‘Ea la*. ‘ea la*, ‘ea la* e*

 いとしいひとが「霧に包まれてこちらに迫ってくる」(noenoe mai)……なんとも幻想的な描写ですが、「my beloved」(愛するひと)に告白する瞬間のはりつめた空気感は、空間を静かに満たす‘A*puakea(Kane‘ohe地域特有の霧)の、世界がひととき時間を止めたような緊張感そのものだったに違いありません。「思いが不意にわき上がる」(pua a‘e ka mana‘o)と訳したくなるフレーズの臨場感ともあいまって、思いの切実さがビンビン伝わってくるように思われます。

 (このメレに)いとしいバラのようなあなたへの思いをしたためました。
 山並みを飾るステキなレイのよう(なきみ)、
 なにより大切なあなたにささげるべく、
 かぐわしいバラの花を思う気持ちを伝えたくて……。

 Eia ke aloha no ku‘u rose
 Onaona lei i sa ‘ohu kuahiwi
 Puana nei mele no ku‘u lani
 No ka pua rose onaona ke aloha

 ‘Ea la*. ‘ea la*, ‘ea la* e*

 「山並みを飾るlei」(onaona lei i sa ‘ohu kuahiwi)といえば、「onaona」(かぐわしい)という形容はあっても、ここでは花ではなく「雲」の描写。Ko ‘olauの山肌にもやがあらわれ、やがて雲になって雨を降らせる……そんな自然の営みと土地の豊かさが育んだ私の大切なバラ(ku‘u rose)。大地に根を張るネイティブであることを、なによりの賛辞とするハワイ語の修辞でもって、大切な人が最大限に讃えられていることがわかります。そう、ことばひとつひとつが、バラをぬらす雨のしずくの輝きのようにも思われるほどに……。そんな、あまく、あまりに美しすぎる『Rose Onaona』なのでした。

*:文字通りの意味は「あなたはどこにいるのですか?」(「auhea」が「where?」にあたる)。自分の思いは、ちゃんと相手に届くだろうか……なんて気分でいるときの、相手との微妙な心理的距離を表現する慣用句です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

隙間のりりー

フラダンサー&ミュージシャンを応援するハワイ語講師。
メレの世界を深く知るためのハワイ語を、わかりやすく解説します。