E Hia'ai I Ka Nani O Ho*poe/Ho*poe

E Hia'ai I Ka Nani O Ho*poe/Ho*poe





E Hia'ai I Ka Nani O Ho*poe/Ho*poe






Ho*poe(Kawaikapuokalani Hewitt)



 さぁ、あの美しくもすばらしいひとのことを語ろう。
 レフアの森のHo*poeのことを。
 (地をはうように)身をかがめ、踊るようにゆれながら海の方へ、
 そして、砂浜をゆっくりと進みながら、大波に荒れるHa*'enaの海へ……。
 大地はゆれ、海はふくれ上がり、
 またたくまに飲み込まれていく、Punaのダンサー、Ho*poe……。

 レフアの花で飾られた(ような魅力あふれる)ひと、Ho*poe。
 天には稲妻が走り、大地は裂ける……。

 天変地異を思わせる描写とともに、Ho*poeと呼ばれる美しいひとが海に向かって踊る(ように進む)姿が静かに語られる、『E Hia'ai I Ka Nani O Ho*poe』。たたみかけるような歌詞とメロディによって、そのどこか幻想的な光景がありありと目に浮かぶ、なんとも不思議な歌なのですが、いったいHo*poeになにが起こっているのかについては、この歌のなかで具体的に語られることはありません。
 そのあたりが描写されているのが、同じ女性が登場する歌、『Ho*poe』です。
 
 キラウエアもプナの土地も、荒れ狂った波に覆われている-そう、Peleの燃える炎によって。
 真っ赤な海、あるいは真黄色の海のようなその光景……。
 それらはみな、Peleの思うがままに広がっていく……。

 キラウエア、プナといえば、火の女神Peleが住むとされる燃える大地とともに、ハワイのひとびとが暮らしてきた場所です。そう、踊るように海に向かうとされたHo*poeの描写は、迫りくる溶岩の流れに逃げまどう人間の姿だったんですね。

 狂ったようなPeleは破壊力そのもの。
 放たれたその怒りはとどまることを知らない。
 あぁ、私のレフアの森が引き裂かれてしまう……。
 逃げまどうHo*poeは、泣きながらHa*'enaの海に向かう。
 もはや生き延びるすべもないままに……。

 この歌の中にはPeleとHo*poeだけしか登場しませんが、ここに描かれているのは、Peleとその妹として語られるHi'iakaをめぐる長い物語に含まれる一場面です。夢の中でその精神だけでカウアイ島へと旅したPeleは、そこでLohiauという男性と恋に落ちます。Lohiauのもとを去ってハワイ島に戻ったPeleは、彼をカウアイ島からハワイ島に連れてくることを妹のHi'iakaに命じます。それを受けて、困難な旅の末にLohiauを連れ帰ったHi'iaka。そして、Hi'iakaがそこで目にしたのが、『E Hia'ai I Ka Nani O Ho*poe』に描かれている光景でした。そう、Lohiauとの再会を心待ちにするうちに、Hi'iakaが自分を裏切ってLohiauと親密な関係になったと思いこんだPeleは、Hi'iakaの大切な友人でありフラの先生でもあったHo*poeを、レフアの森とともに溶岩で覆い尽くしてしまったのでした。

 熱い、なにもかも熱い……。
  キラウエアもプナの大地も、Peleの炎に覆い尽くされてしまった。
 レフアの森やHo*poeには手を触れない(とあなたは言ったはず)。
 (その言葉を信じたからこそ)私は、こうしてあなたの恋人を連れ帰ったではないか……。 

   私の大切なレフアの森と、大切な友人であるHo*poeを守ってほしい……そんなHi'iakaの願いはかなうことなく、レフアの森も、ひとであるHo*poeも、こうして石になってしまったのでした。
   繰り返されるHo*poeの泣き声(ha'u ha'u ue*)が、つらく、悲しく心に響く『Ho*poe』ですが、この歌の作詞作曲をてがけたKawaikapuokalani Hewittさんは「悲しいだけの歌ではない」とコメントしています。そう、この歌には「フラダンサーの気持ちを奮い立たせるなにかがある」と……ここで、「Ho*poe」をタイトルに掲げながらも、この歌が実はHi'iakaに捧げられたものであることを思い起こすべきかもしれません。Peleという自然につき従い、その理不尽さに翻弄されながらも(というか、本来自然とはそういうものなわけですが)、その神的な存在と人間(物語のなかではLohiauやHo*poe)との間にたって、この両者をつなぐ役割をひたすら担っているHi'iaka。Hi'iakaは、絶対的に隔てられた自然とひととの、いわば関係のはじまりみたいなところにいるわけですね。 その姿がフラダンサーを奮い立たせるというのは、そこにフラの本質みたいなものが表現されているからなんでしょうか―そう、おそらくHi'iakaは、畏れ以外の態度が許されない対象とこの世界との間にあって、その困難さとともにある喜びみたいなものの象徴でもあるような、そんな存在なのです。
 Hi'iakaをめぐる物語が、フラカヒコ**で繰り返しテーマとされてきたのは、フラの表現が、まずはなによりも、人間の力を超えた世界、あるともないともいえないような存在を超えたものに形を与えるものであることの証なのかもしれません。容易に答えが出せる事柄ではありませんが、少なくとも、自然とひととの間に立つHi'iakaのポジションが意味するところが、おぼろげながらみえてきたような気がしています。

*:歌はここで締めくくられますが、このあと物語のほうは思わぬ展開に-なんとHi'iakaは、Peleの目の前で、Peleが愛するそのひとと、思いのままに愛を確かめあう行動にでます。長く困難な旅をともにしたHi'iakaとLohiauは、いつのまにかお互いに思いを寄せあう仲になっていたようです。
**:古典フラ。フラアウアナでは恋人や故郷への思いといった個人的なテーマが表現されますが、フラカヒコでは、神話や伝説、王族をたたえる内容のものが多いようです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

隙間のりりー

フラダンサー&ミュージシャンを応援するハワイ語講師。
メレの世界を深く知るためのハワイ語を、わかりやすく解説します。