Ke Aloha

Ke Aloha







Natalie Ai Kamauu with Iolani Kamauu and Chad Ai



 さあ、私の胸の中へ。
 私の愛しいひと……。
 あなたっていい香りがするわ。
 夕暮れの雰囲気にぴったりな感じの……。

 Ma ku’u poli mai ‘oe
 E ku’u ipo aloha  
 He ‘ala onaona kou
 No ke ano ahiahi

 「ke aloha」(the love)というタイトルそのままに、恋人と二人きりで過ごすときのワクワク感がストレートに表現されている……そんな印象のあるラブソング『Ke Aloha』。それにしても、夕暮れにぴったりな感じ(no ke ano ahiahi)って、いったいどんな香りなのか……ちょっと想像がつきませんが、それはともかく、二人だけの特別な時間がはじまるときの期待感や、お互いを見つめあうまなざしの熱さまでが伝わってきそうなくらい、妙に臨場感のある歌詞が連なる歌なんですね。たとえば、こんな具合に……。

 あなたのささやく声で、
 もう私のこのからだはうっとりと安らいでいる。
 あなたって、しなやかなからだをしているわ。
 愛の営みのなかで(そう感じるの)……。

 Ma muli a’o kou leo
 Ua malu neia kino
 He kino palupalu kou
 I ka hana a ke aloha
 
 からだが「安らいでいる」と訳した「malu」は、たとえばアーチ状の形をしたものから連想されるような、対象をまるごと包み込む状況を表すことばです。比喩的には穏やかさやリラックスした状態を意味するのですが、単に気持ちの問題ではなく、なんとなく肌と肌が触れ合って、からだごと包み込まれている場面が思い浮かぶのは、このあと「愛の営み」と訳した「ka hana a ke aloha」が続くからかも……かなりいい感じに盛り上がっている二人のke alohaの描写は、まだまだ続きます。

 恋人の吐息で、私はとっても穏やかな気持ちにひたっている。
 そう、私たち二人、いままさに愛し合っている(e ho'oipoipo nei)……。
 さぁ、二人で気持ちよくなりましょう。

 Ua la’i no hoi au
 Ka hanu a ka ipo
 E ho’oipoipo nei
 Nanea pu ka*ua

 もう一度この気持ちをこころに響かせてみて。
 私の愛しいひと……。
 あなたっていい香りがするわ。
 夕暮れの雰囲気にぴったりな感じなの。  

 Ha’ina mai ka puana
 E ku’u ipo aloha
 He ‘ala onaona kou
 No ko ano ahiahi

 ここに登場する「ho'oipoipo」という動詞は、先の「ka hana a ke aloha」よりも、もっと恋人同士**だけに限られる行為を意味することばです。いま、まさにこの瞬間に、二人にとって最高のときがおとずれる……そんな、これ以上近づけないところまで接近した二人の恍惚感が高らか歌いあげられている『Ke Aloha』は、世界を失ったように愛し合う二人をまるでのぞきみしてでもいるかのような、とびきり「おとな」の歌なのでありました……。

*:「malu」は、虹(a*nuenue)や傘、シェルターのようなものから、比喩的には平穏(peace)といった抽象的な内容までを表すことばです。
**:「ipo」はハワイ語の「恋人」を表すことば。


composed by Ley Collins & Maddy Lam
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

隙間のりりー

フラダンサー&ミュージシャンを応援するハワイ語講師。
メレの世界を深く知るためのハワイ語を、わかりやすく解説します。