Ua Like Nō A Like



Jerry Santos


 
なんとなく、なんとなくだけど、
Kanilehuaの雨(で語られる光景)を思わせるなって感じ。
いきなりはじまるざわめきとともに告げられるのは、
まさしくそこに、愛の語らいがある(という事実)。


 「(なにかに)似ている」って、いったいなにがなにに似ているのか……夢みるような独特の雰囲気とも相まって、歌の世界に思わず引き込まれてしまう『Ua Like Nō A Like』。
 登場する「Kanilehua」は、ハワイ島ヒロの街に降る雨の名前で、「lehua」の花に降る雨が音を立てる(kani)様子をイメージさせることば。この雨で語られるハワイ語独特の修辞が、このメレを読み解く手がかりになりそうですが、huiに登場する鳥たちもあわせて解釈すると……。

『Ua Like Nō A Like』(Alice Everett)について、zoomオンライン講座で解説しています。アーカイブ(録画)による受講のご案内は、こちらをご覧ください。
http://sukimano.com/blog-entry-650.html

 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

隙間のりりー

フラダンサー&ミュージシャンを応援するハワイ語講師。
メレの世界を深く知るためのハワイ語を、わかりやすく解説します。