Halalu*

Halalu*





Ka Hula 2009 / in TOKYO / June 14, 2009






Hula O Hali'ileo
Hawaiian Culture Night
Waimea Theatre



 僕が愛してやまないあのおいしさ……。
 Halalu*って、すっごくおいしいんだよ。

 リムコフの海草と一緒にまぜてやわらかくして(lomilomi'ia)、
 なんてったって僕が選んだ一番のお気に入りなんだ。

 「halalu*」は、ハワイの食用魚の一種「akule」が、まだ大人になりきっていないときの呼び名です。この歌の作者であるF.Hewittさんは、彼が少年だったころ多くの時間を過ごしたという親戚の家で、その夢のようなおいしさ(ka 'ono loa)に出合ったんだとか……そう、幼少期といえば、繰り返される日常さえもが、あらゆる「生まれてはじめて」に満ちているもの。海草とまぜただけでこんなにおいしいなんて!?……軽快なリズム、そして「lomilomi'ia~」と楽しげに連なるハワイ語の語感から、大好物を前にしたHewitt少年のワクワク感が伝わってくるようです。

 Halalu*を食べるのって、胸がドキドキする……。
 とびきりホットなペッパーで味付けされてるからね。

 あまりに興奮したせいで、ワクワクを通り越して心臓がドキドキ……「me ka ni*'oi」(ホットペッパーを加えて)いるにせよ、ちょっと熱くなりすぎ(?)のような気がしないでもありません……。

 忘れられない、あのHalalu*のおいしさ。
 フレッシュで(maka)香りのいい(onaona)、愛すべき魚。

 「ka i'a maka onaona」の「maka」は、とりあえず魚のはなしということで「フレッシュな」と訳してみました。でも、「maka」には「目(eye)」の意味があること、それを形容する「onaona」が「香りのよさ」から転じて魅力的であることを暗示することばでもあることからすると……Hewitt少年は、自らの欲望(tu'u li'a)のままに、Halalu*を愛しちゃった(i aloha iho ai)んでしょうか。そう、食欲を満たすだけではなくて―そして忘れられなくなったHalalu*……こんなふうに想像をふくらませていくと、「Halalu*」と呼ばれている対象は、もしかすると魚じゃなかったりするのか?と思いたくもなります。でもこれは、(おそらく)まだ恋を恋とも知らないままに心動かされる年頃のはなし。Hewitt少年が、Halalu*のおいしさだけではなくて、自分の内側からムクムクとわき上がってくる欲望そのものに驚いていることこそが、この歌の核心部分ではないかと思う―でも、つい考えてしまうんですね。胸をドキドキさせながら、それでも対象を求めてしまう若いエネルギーは、恋(?)も食欲と同じくらいに理屈を欠いたまま、ときに突っ走らせることがあることを……。

composed by Frank Kawaikapupkalani Hewett
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

隙間のりりー

フラダンサー&ミュージシャンを応援するハワイ語講師。
メレの世界を深く知るためのハワイ語を、わかりやすく解説します。